松戸市の整形外科・リハビリテーション科・内科

トップページ»  超音波治療

超音波治療に関して


当院ではアクセラスを導入しています。


 

 超音波療法とは

 

 

一般的な骨折治療は、整復、固定後は骨が自然に修復されるのを待ちますが、最近では、超音波が骨の癒合を促進することがわかり、治療器として応用されるようになりました。

超音波治療器を骨折部にあてることで、骨が癒合するまでの日数が短縮したという結果が出ております。
 

超音波で骨折が早く治る理由

 

超音波療法は、低出力超音波パルス(LIPUS)という弱い超音波を利用しています。

LIPUSは、これまで医療で使われてきた超音波とはまったく異なります。大きな特徴は、非常に微弱な超音波を、患部に断続的にあてることです。

連続的にではなく、断続的に細胞を刺激することで、骨の癒合が促進されると考えられています。

超音波療法のメリット

 

早い段階から超音波療法を行えば、骨の癒合も早く進む可能性は高いといえます。骨折が早く治れば、職場や学校への復帰、日常生活への復帰、スポーツの再開なども早期に実現できます。

また、治療期間が短くなることは医療費の削減にもつながります。

このような理由から、超音波療法が注目されています。